前記事に思いもよらず←
たくさんのコメントいただき
ありがとうございます m(__)m
まだまだ「ONE OK ROCK」初心者の
私に、おすすめの曲なども
紹介いただき、いろいろ
勉強になりました。

いやね・・・
「ONE OK ROCK」はたしかに
大人気でメジャーなアーティストでは
あるのですが、チャミペンさんで
これほど好きな方がたくさん
いらっしゃるとは、想像もせず
軽い気持ちで書いた記事でしたが
チャンミンへのコメントと同じくらい
熱い「ONE OK ROCK」LOVEのコメント
いただき、嬉しい動揺を隠せない
shimkyonです^^

やっぱり
同じ男を好きになったモノ同士←
感性が似ているんでしょうかね?
チャミペンはチャンミンの声とか
歌唱力に魅力を感じてる方多いし、
音楽そのものへのこだわりが強い
傾向あるのかもしれないなぁって
思いました。
歌ってるチャンミンって
やっぱり最高ですもんね



aGljcZ_2018091704343304e.gif


with1_20150802010716a01_20180917043428c3e.gif


歌っているチャンミンに
会いたいな・・・





それにしても、
大坂なおみ選手、全米オープン優勝の
快挙やら、 タッキー&翼の突然の
解散引退やら、さよなら安室ちゃんやら
いろんなニュースが飛び交う中
われらの東方神起に関しては
何の音沙汰もなく←
平穏無事でなにより

そんな訳で←
そんなニュースに絡めた
私のちょっとした自己チューな想いを
書いてみたいと思います。


大坂なおみ選手は、あっという間に
世界的アスリートになり
新時代の幕開けを感じました。
まだ若い彼女のこれからの活躍が
日本人としてとても楽しみです。
世界的アスリートと言えば
私の第2王子である羽生結弦くんは
もはや、単なるアスリートというよりは
スポーツ界のアンバサダー的
存在になりつつあります。
オリンピック連覇し世界最高得点を
ひとりで何度も塗り替えて、
絶対王者に相応しい結果と実績を
積み重ねてきた結弦くん・・・
手にいれるべき栄光をすべて
手中に収め、余裕の力をも
手に入れた、彼の今期の目標は
「初心に戻って小さい頃からの
夢だった4回転アクセルに挑戦する」
ことです。
「勝ち」だけにこだわらない
これからの数年は、目標を達成した
自分へのご褒美の時間だとも
言っています。
フィギュアスケートは
現役での競技期間がとても短い
スポーツです。
私はオリンピック連覇したあと
結弦くんは引退すると思っていたので
今期も彼なりの新しい目標を持って
「JAPAN」を背負って競技生活を
してくれることが信じられないほど
嬉しくて、彼がアスリートとしての「夢」を
追いかける限り、尊敬と憧れの気持ちを
持って、ほんとに全力で応援したい!と
心から思うのです。
そして、結弦くんの素晴らしさは
自分の夢を自分のモノだけにせず、
「僕が4回転アクセルを
跳ぶことによって皆さんの夢も
叶えられたらなと思いました」と
彼を応援するファンの気持ちに
応えようとするところです。
そうすることで、自分の
モチベーションも高め、ファンも彼が
努力して結果を出した時、
「頑張ってきた甲斐があったね、
おめでとう!ありがとう!」って
心から共感し、
感動のアドレナリンが出て
幸福感に満たされて
「私もがんばらなくちゃ!」って
思うのです。
つまり、応援している推しの
努力する姿や結果が、
自分の人生に
ポジティブに影響するのです。
夢や希望を与えてくれる
活力になるのです。
限りある結弦くんの競技生活を
最後まで彼らしく全うしてほしいし
彼が誰よりも幸せになる姿を
それはもう、まばたきもせず心に刻み、
見届けたいと思っています。

思えば、東方神起に対しても
私は同じ気持ちで応援してきたなと
思っています。
5人時代からずっと、
ふたりになってからもずっと
東方神起は目標と夢を
明確に設定し、それをファンと共有し
(ex.武道館→アリーナ→ドーム→日産スタジアム)
そしてそれに向かってひたむきに
努力し、達成するたび
その結果をファンと共に喜び合った。
彼らの夢は,すなわちファンの夢でも
あったから、東方神起の成功が
我がことのように嬉しく幸せだった。
そして、「兵役までに」という
期限付きだったことも、夢の実現への
モチベーションになっていったのだ。
兵役期間中も「待つ」という
大きな目標設定がファンにはあった。
そして待つという試練を乗り越えた結果、
日産スタジアム3daysというご褒美まで
もらえた。
「がんばってよかった」と
みんなで喜び合えた。

そして今、ふと私は考えた・・・
この先の東方神起の目標と夢は
いったいなんだろうかと・・・
「この先もう、ずっといっしょ」だけど
東方神起の、ユノとチャンミンの
夢とか目標って
いったいなんだろうかと考える。
たぶん・・・
「東方神起としての活動を末永く
続けていくこと」なんだろうとは思う。
しかし、そのために、
どうしていきたいとか、
こんなことにも挑戦していきたいとか
具体的な方法が見えてこない。
今までと同じことを、漫然とやっていては
到底目標達成できるとは思えない・・・
悲観的すぎるだろうか?

タッキー&翼の突然の解散引退を
見るにつけ、
「いつまでもあると思うな親と推し!」
ではないがw
「こうして活動してくれるだけで
感謝しなくちゃ!
与えられた活動を、すべてありがたく
楽しむのが正しいファンの生きる道!」
確かにその通りかもしれないが、
私としては、ユノもチャンミンも30歳を
過ぎた今、東方神起への向き合い方や
音楽の方向性、あるいは
個人としての人生設計など
兵役が終わった今だからこそ
それぞれ考えていることが
絶対あるはずと思っているのだが
どうにもこうにも、以前ほどダイレクトに
ファンに伝わってこない もどかしさを
感じている。
「待っていてくれてありがとう」という
感謝の言葉は、もう十分伝わっている。
だから、もっと未来について
教えてほしい。
東方神起は、いかに進化していくのか、
ふたりの個性を生かし、個々に
やりたいことはないのか?など
ファンとして知りたいことがあり過ぎる
今日この頃なのである。

ファンに求められるから、
需要があるから、活動していくといった
現実的で受身なことではなく
東方神起というアーティストの
日本活動における未来の夢を
ファンに教えて欲しいと思う。

もう兵役なんて期限はない、
今だからこそ
音楽性とかアーティストとしての
方向性だとか、ほんとの意味で
大人になっていく東方神起の
未来について考えていく必要が
あると思う私は、めんどくさいファン
として認定されてしまうのだろうか?
しかし、やはり個人的には
夢や目標の共有こそが
アーティストとファンの絆であり
それが双方のモチベーションになると
信じて疑わないし、
ツアーの楽曲も5人時代の過去曲が
メインになるようでは先は見えている。
上から目線で申し訳ないが、
ふたりの東方神起として、常に
新しい曲、新しい境地への
挑戦姿勢を失ってはいけないと思う。

NEWアルバム「TOMORROW」の
発売がもう目前である。
ツアーの初日が控えている
スケジュールの中
プロモーションの展開はあるのか
私にはトンとわからないし
やらないならやらないでもいいが、
たくさんのファンが乗っている
東方神起号の進行方向は
どこかのエライ人ひとりが勝手に
決めるのではなく
ユノとチャンミンそれぞれの意向を
尊重しつつ、ふたりもファンも
幸せになれる正しい行き先を
決めていってほしいと
切に願っているshimkyonでした^^



NEWアルバム「TOMORROW」収録の
「明日は来るから」について
いろいろ感想が別れているようですが
「5人でないと・・・」的な意見は、
無意味だし、反論する価値もないかと。
そもそも5人で歌った時は
日本での4枚目のシングルとして
ある意味、JーPOP市場に勝負
挑んでた時の曲で、ふたりのカバーは
ライブで歌うの前提だし、
そういう製作時の土俵も全然違うから、
比べること自体、
ナンセンスだと思うのぉ。
ぶっちゃけ好き嫌いで評価
別れるだけでは?



要求ばかり強くなっていくのは
自分でもあまりよくない傾向だと
自覚してるけど、
東方神起への期待値が高いから
つい、言ってみたくなるのであって
なんの要求もなくなったら
応援していても面白くないと思う・・・
推しの夢は私の夢だが
私の夢は推しの夢ではないこと、
重々承知しているから許してほしいw


NEWアルバム「TOMORROW」に
とにかく「死ぬほどかっこいい曲」が
1曲でもいいから入っていて欲しい
と願っている方^^
ポチッとお願いしますm(__)m



にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ
にほんブログ村



拍手もいつもありがとうございますm(__)m