スポーツソウルの記事


今年一年の歌謡界を華やかに飾ったスターの饗宴「ソウル歌謡大賞」のモバイル投票終盤展開が熱く盛り上がっている中で
EXOと防弾少年団が投票で「大勢のアイドル」であることを立証している。

2016年歌謡界を総決算する「'韓国訪問の年記念'第26回ソウル歌謡大賞授賞式(主催スポーツソウル、
主管ソウル歌謡大賞組織委員会)」が、19日午後7時からソウル蚕室室内体育館でで盛大に開かれる。

ソウル歌謡大賞を通じて、一年の間ファンたちの愛をたっぷり受けたミュージシャンが一堂に集まって最高の栄誉である
大賞をはじめ、本賞、新人賞とジャンル別特別賞など部門別受賞を置いて熱を帯びた競合を繰り広げる。

伝統と権威を誇るソウル歌謡大賞は、1990年始まって四半世紀の間、今のK-POP文化の発展の足がかりの
役割を果たした国内最高の歌謡祭だ。2016年歌謡界を輝かせたチームが総出動する今回の授賞式は、
モバイル投票を通じて確認された'ペンシム(心)'が直接的に反映されるというのが大きな特徴である。

モバイル投票は、昨年11月25日に開始された。ファンが参加するモバイル投票部門は本賞、新人賞、人気賞、
韓流特別賞に分けられる。

新人賞を除くほぼすべての分野でEXOと防弾少年団は、1〜2位を争って「大勢のアイドル」としての面目を見せている。

国内本賞の投票では9日午後2時現在、EXO(29.32%)と防弾少年団(26.83%)の1位競争が激しい。両方のチーム間の
格差は2.49%に過ぎない。海外のファンたちを対象にした本賞投票でもEXO(38.67%)と防弾少年団(27.42%)は
並んで1〜2位を走っている。

国内ファンたちを対象にした人気賞部門ではシャイニー(50.93%)が半分をはるかに超える圧倒的な得票率を見せる中、
EXO(24.76%)が2位、防弾少年団(9.55%)が3位だ。海外ファンたちの投票が行われている韓流特別賞部門は
EXO(42.42%)が1位を走っていて、アストロ(34.82%)が2位、防弾少年団(16.86%)がその後に続く。

新人賞国内部門ではアストロ(38.98%)が1位を走っていて、アイ・オー・アイ(30.03%)、NCT127(14.30)、
ブラックピンク(3.93%)が続いている。海外のファンを対象にした新人の投票ではNCT127(41.64%)、アストロ(32.45%)、
ブラックピンク(13.36%)、宇宙少女(3.97%)の順である。

一方、現在第26回ソウル歌謡大賞モバイル投票が行われている。モバイル投票反映比率は、本賞と新人賞30%、
人気賞は国内投票で100%、韓流特別賞は海外の投票で100%などである。モバイル投票は17日に終了する。
好きな歌手を直接選ぶことができるモバイル投票は、GoogleプレイストアやAppleのiPhoneのApp Storeで
「ソウル歌謡大賞」または「ソカデ(서가대)」で検索してダウンロードした後、参加すればよい。投票結果はアプリと
ソウル歌謡大賞のホームページ(awards.sportsseoul.com)で確認可能だ。

第26回ソウル歌謡大賞は19日午後7時からKBSnなどを通じて生中継される。オンラインおよびモバイル中継も
世界的に行われる。ウィンコンベンションを通じ、国内携帯電話およびオンラインで生放送され、アメリカ、ヨーロッパ地域にも
独占放送される予定である。台湾に本社を置いているイーストパワーコリアを通じて中国、日本を含むアジア全域に
携帯電話やオンライン、VODなどで独占放送される。






自動翻訳を利用しています。







海外投票で、ASTROの投票が1分でありえない程増えたとEXOやバンタンのファンが
操作されてると怒ってた。
投票モノが多すぎてついていけないわ。。